カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
ちくわ・かまぼこ天ぷら詰め合わせ

しおまち おすすめ商品

定番のちくわ・かまぼこ・天ぷらが多種入った詰め合わせ。

[内容]
にぎり竹輪2本、みたらし2個、梅やき2個、ヤキヌキ2本、ガス天3枚、穴子天1枚、メンタイ天1枚、ししゃも天1枚

しおまち

価格:

2,270円 (税込)

[ポイント還元 23ポイント〜]
購入数:

効率より味を重視〜土屋本店のこだわり〜

土屋本店の味を守り続けるために
商売をする上で、効率や合理化は重要視されるポイントですが、あまりに効率を追い求めることで、本来の目的である「土屋本店の味」が失われてしまっては本末転倒です。
土屋本店はお客様においしい商品を提供することを一番に考え、製造方法にもこだわっています。
手作り少量受注生産
大きい練り物業者は大きな機械をたくさん使い、商品を大量に生産して冷凍し、在庫として保管します。
冷凍すると練り製品は大変長もちしますが、味は確実に落ちてしまいます。
練り製品の内部の水分が氷のつぶになり、解凍した時にスポンジのようになって食感がそこなわれ、焼いたり揚げたりした風味もなくなってしまうためです。
土屋本店は基本的に商品を冷凍しません。
ですから、前日までの受注の状況で毎日作る量を決めています。
しかもひとつひとつ職人が手作りしているため、一日に生産できる量は限られています。
大量につくることで味がそこなわれるなら、少量でもおいしいものをつくりたい。
お客様においしいものをお届けするために、土屋本店はこのやり方にこだわっています。
ひとつひとつ手で成形
成形する時にも機械は使いません。機械を使えばあっという間に大量にできる同じ形の練り製品ですが、ひとつひとつ職人が手で成形しています。
そのためよく見るとひとつひとつ商品の形が違います。
これも効率が悪いように思えますが大きな利点もあります。
常にすり身を手で触ることで手がセンサーの役目をしているのです。
何かすり身の状態がおかしければすぐに気がついて対応できる。
機械に入れてしまうとスイッチオンしてしまったらもう何もできません。
非効率的なようで実はおいしい練り製品をつくる上では合理的な方法なのです。
地産地消から生まれた瀬戸内の味
土屋本店が創業された時代、水産加工品の本場は大阪でした。
創業者である土屋折助(つちやおりすけ)は瀬戸内の豊かな水産資源を商売に活かすために、大阪に修行にいき、本場のノウハウを身につけました。

まだ冷凍・冷蔵技術や流通が発達していなかった頃ですので、関西で技術を学んでも使う魚は瀬戸内のもの。
また、味の好みも地方の食文化により違います。
永い時間をかけて、瀬戸内地方の練り物は独自に進化・発展をしてきました。
全国の地元の練り物を食べ比べてみると地方によってかたさや、食感、色や形が全く違うのがよくわかります。

瀬戸内地方の練り物はソフトで甘味の少ない上品な味。
見た目や色も素材そのものの色を活かした落ち着いたものが多く、少し焦がし気味に焼くことで風味や香ばしさを感じさせるのも特長です。
瀬戸内の風土と食文化が育んだこの地方独自の味をぜひご賞味ください。

特上にぎりちくわ みたらし細部 うめ焼 ヤキヌキ ガス天 細部
あなご天 細部 めんたい天 細部 ししゃも天 細部

合わせて買いたいおすすめ商品

みたらし

95円(税込)
購入数 本[2個]

チーズ巻 おすすめ商品

95円(税込)
購入数

メンタイうずら

110円(税込)
購入数

紅白うずら[パック売り]

440円(税込)
購入数 パック[4個入り]

レンコン天[パック売り]

400円(税込)
購入数 パック[5・6個入り]

やさいボール[パック売り]

380円(税込)
購入数 パック[6個入り]

ページトップへ