カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
ちくわ・かまぼこ天ぷら詰め合わせ

瀬戸内の風土と練り物

港町があるところに練り物屋がある
昔は瀬戸内海でも漁業が盛んで、港には街ができ、交易や商売の場所として人々があつまっていました。
魚をおいしく食べる加工食品として、ちくわやかまぼこなどが開発された時代、港町があるところには練り物屋があり、その土地でとれた原料で練り製品を作っていました。
現代では冷凍すり身の開発と流通の発達により、全国各地の原料で作ることができますが、海に面した県や港町があった所に練り物屋が多いのはそのためです。
地産地消から生まれた瀬戸内の味
土屋本店が創業された時代、水産加工品の本場は大阪でした。
創業者である土屋折助(つちやおりすけ)は瀬戸内の豊かな水産資源を商売に活かすために、大阪に修行にいき、本場のノウハウを身につけました。

まだ冷凍・冷蔵技術や流通が発達していなかった頃ですので、関西で技術を学んでも使う魚は瀬戸内のもの。
また、味の好みも地方の食文化により違います。
永い時間をかけて、瀬戸内地方の練り物は独自に進化・発展をしてきました。
全国の地元の練り物を食べ比べてみると地方によってかたさや、食感、色や形が全く違うのがよくわかります。

瀬戸内地方の練り物はソフトで甘味の少ない上品な味。
見た目や色も素材そのものの色を活かした落ち着いたものが多く、少し焦がし気味に焼くことで風味や香ばしさを感じさせるのも特長です。
瀬戸内の風土と食文化が育んだこの地方独自の味をぜひご賞味ください。

ページトップへ