カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
ちくわ・かまぼこ天ぷら詰め合わせ

一番おいしいものを一番おいしい季節に

素材はいきもの
練り物の原料となる素材は、冷凍すり身と呼ばれる魚のすり身を冷凍したものや、卵、塩、みりん、具材となる野菜・水産物などがあり、季節によって、もしくは毎日、新鮮さや味が変わってきます。
日々変わる素材で同じおいしさを出すために、土屋本店は時期や季節によって仕入れ先を変えたり、その食材が一番おいしくなる旬の時期のみ商品にしたりすることで、常に素材の味を重視した仕入れを心掛けています。
良い素材を活かす
例えば卵。
厳選した仕入れ先から仕入れるのは当たり前ですが、大きい練り物業者は液卵という業務用のすでに割ってある卵を使うのが普通。
土屋本店の場合は毎日その日に使う卵をひとつひとつ職人が割っています。
大変効率が悪いように思えますが、やはり割ってすぐの卵の方が新鮮で色もきれい。
ただ良い素材を使うだけではなく、素材の持ち味を一番高められるやり方で素材を“活かす”ことが必要だと考えています。

ページトップへ